板橋区の眼科 冲永眼科クリニックです。緑内障の治療、白内障手術のご相談は冲永眼科クリニックへ。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

白内障手術を受けられる方へ
多焦点(遠近両用)眼内レンズのご案内

白内障手術後の生活で眼鏡を掛ける頻度が少なくなる、多焦点(遠近両用)眼内レンズが日本で発売されました。多焦点眼内レンズを挿入すると、さまざまな生活シーンでメリットが増えます。
ご興味を持たれた方はどうぞお気軽にスタッフまでお声がけ下さい。

白内障手術と眼内レンズ

眼内レンズ(人工水晶体)の種類によって、術後の見え方が異なります。

多焦点眼内レンズ(ピントが合う距離が複数)

手元から遠くまでおおむねピントが合うため、眼鏡に依存する頻度も減らすことができます。ただし、眼鏡をかけた方が楽に見える場合もあります。

単焦点眼内レンズ(ピントが合う距離が1つ)

ピントをあわせる調節力が無いため、遠くにピントをあわせると近くが、近くにピントを合わせると遠くが見えなくなります。ピントが合わない距離を見るためには眼鏡が必要です。

冲永眼科は厚生労働大臣が定める「高度先進医療 認定」の施設です。

冲永眼科には2万件以上の実績と経験の蓄積があります。
それに甘んじることなく常に新しい設備や技術を取り入れています。

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」は厚生労働大臣によって定められた高度先進医療です。
冲永眼科は施設基準を満たした高度先進医療認定施設です。

多焦点眼内レンズの手術費用

「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」は高度先進医療ですので自費になります。冲永眼科では約34万円です。
その他、白内障手術に必要な検査や投薬、術後の通院にか かる医療費は通常の医療保険の適応です。患者様の医療費 自己負担率(1割、3割等)によって負担額が異なります。

先進医療部分(全額 自己負担)=34万円 任意医療保険で先進医療特約をつけていらっしゃる方はご契約の保険会社から費用が支払われます。
診察・検査・投薬・入院費等
(一般治療と同じ)
多焦点眼内レンズでない通常の白内障手術と同じです。一般の保険診療に応じた負担額です。

多焦点眼内レンズは、最先端の白内障手術として患者様ご自身で選択ができます。ご希望の方はご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3962-0929 午前8:00〜午後18:00

Copyright © Okinaga Eye Clinic All Rights Reserved.